CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
 ARCHIVES
<< 海さくら 拾っちゃい隊 改善にむけて | main | かながわ県知事さんへの手紙 >>
第17回 海さくらゴミ拾い のご報告

(マシャコさん、写真拝借します。上の写真)



海さくらブログを読んでくださっている皆様、
いつもありがとうございます。

1月19日(土)
第17回 海さくら ゴミ拾いを実施してきました。

一言で

「幸せ」でした。

お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。そして、すごく楽しく幸せでした。


天気は、
晴れ、気持ちがいい日でした。



江の島最高!!っと絶叫しました。

西浦の海も海底がみえるくらい綺麗な海だったのです。









この日は、ゴミ拾いに来てくださった皆様に
トン汁を召し上がっていただこうと、
海さくらスタッフになったnanaちゃんが、一生懸命に仕込みをしてくれました。

前日から、野菜を切ったり、準備してくれました。
スタッフになって、いきなり、凄く頭をつかってくれて、
そして、がんばってくれました。nanaちゃんありがと。

力強いスタッフが、加入してくれて、とても嬉しかったです。

荷物が重かったので、
この日から、海さくらスタッフに加入してくれた、
ヒデキも手伝ってくれました。







よし!!トン汁の準備はOK!!

これから、新人・海さくらスタッフ2人

nanaちゃんとヒデキを、
よろしくお願いいたします。

ヒデキは、しゃべりだすと止まらないので、
あまりにしゃべっていたら、「STOP」っと言ってくださいね。




トン汁の準備もおわり、
ヒデキと一緒に、集合場所にむかいました。

いつも通り、今日は、何人来てくれるかな〜。っと
期待と不安で、皆様をお待ちしていました。

nanaちゃんは、西浦防波堤で、
トン汁を守っていました。

トビが上空にいたので、ビビっていた姿が面白かったです。

「ヒデキ。みんな来てくれるかな〜!?」

「うん。大丈夫!」
男なのに妖精みたいな、返答に、心を落ち着かせ、
集合場所付近を2人で拾い始めました。

新井ゴミ拾い隊長は、この日は、どうしても来れなったのです。残念。

すると、
「初めて参加なんですけど〜」っと

松波さんが来てくださいました。
インターネットから検索して、見つけてくださり、参加してくださいました。

嬉しい〜!!興奮してしました。

今まで、フリーペーパーを見て、コンサートに参加して、ミクシーを見て、とかでしたが、
松波さんは、ゴミ拾いで検索していて、たまたま見つけてきてくださったのです。

とてもうれしく、早くHPのリニューアルをしないといけない、っと思いました。
だって、こんな素敵な人が来てくださるのだから。

わかりやすくしたいし、
もっと魅力を出していきたい!!

オウちゃんよろしくね。


一人で参加って、勇気が必要だったかと思います。
本当にありがとうございました。

すると、また埼玉から、
HPを見て、っといって
川島さんが、一人で来てくださいました。

またまた興奮です!!

本当にありがとうございます。






興奮している間に、

若さんご家族をはじめ、お友達も連れてきてくださったり、
どんどん来てくださいました。

本当にうれしかったです。
この皆様にあえる瞬間が、一番うれしいです。











そして、葉山でダイビングSHOP「NANA」を経営している(海さくらのリンクにも載っています)佐藤夫妻も来てくれました。

輝くんは、この日、誕生日なのに、
来てくれて、感動しました。











そして、
私のカリスマ、おしゃれのマシャコさんも
一人で、参加してくださいました。

マシャコさんのブログは、
海さくらリンクにも貼ってあります。
以前に茅ヶ崎に住んでいて、当日は、わざわざ東京から来てくださいました。

嬉しかった〜!!

そして、たくさん黙々と拾ってくださいました。屋根みたいな大きなものまで・・・



さえっぺサンも
初めて参加してくださいました。

やんちゃな、かわいいお子様3人連れてきてくださいました。
お子様は、もう元気!?ハツラツ!!で、
見ているだけで、元気になりました。

本当にありがとうございます。

それから、ショーコさんご夫婦も初めて参加してくださいました。

もう興奮しすぎて、嬉しくってしかたがありませんでした。


橋の上はいつもより綺麗でしたが、
やっぱり吸いがらは、目立ちました。

何より、橋の下は、
大変なことになっていたので、次回は
橋下を中心に徹底的に綺麗にしようと思いました。




橋下といえば、マナミちゃん、ナナコちゃん、燃えるでしょ!?

そして、橋をわたり、西浦に到着。

前回のゴミ拾いで
たくさん拾った大きなゴミ達もきれいになっていて、
また感動。

かながわ海岸美化財団さんが、
綺麗にしてくださったのです。

本当に綺麗になっているんですよ。

見てください。何回か来てくださっている方はわかると思いますが、
確実に綺麗になってきています。





毎月、継続してきれいにしていく事で、
かながわ海岸美化財団さんの心に届いたのかな〜。

西浦がドンドン綺麗になっていく。
うれしいです。

継続の力を感じました!!

寒かったので、
水が凍っていて、滑りそうになりました。




そして、西浦を掃除しました。



















そして、大きなゴミを・・・

まずは、タイヤ









輝君、転がしながら、
ごみ置き場まで。

ふと、気がつくと、
コツコツと、大物を掘ってがんばってくれている
素敵な女性を発見。

海さくらスタッフの大物狙いのオウちゃんだったら、
「もう無理!」っと諦めているような、大物にチャレンジしていました。

はじめは、おひとりで、コツコツと、
すると、それを見た男性が、少しづつ集まり、
なんと、引き揚げたのです。

大きな、バックでした。











極めつけの
ゴミをヒデキが発見。

私もはじめて生をみました。

ダッチ○○○。

ゲロが出そうになりました。
西浦の奥にあったそうです。

膨らみは、なくなっていました。



本当に色々な物が出てくるのが、
ゴミ拾いの楽しみの一つですね。

大きなゴミ、小さなゴミを
ふくめて、

可燃ゴミ 18袋
不燃ゴミ 20袋
あと、大きなタイヤやバックなどを
拾うことができました。

みっちゃんは、時間を間違えて、早くにきてくださり、
拾っちゃい隊をやった後、ゴミ拾いにも参加してくれました。
トン汁を召し上がっていただく前に帰っちゃったけど、
本当にうれしいかったです。

参加人数は
スタッフ入れて、
23名。

本当にありがとうございました。

とても幸せでした。





そして、ゴミ拾いの後は、トン汁です。

nanaちゃんが、みんなに配ってくれました。



ゴミを拾って、
海辺で、みんなで食べるトン汁は、
美味しくって、美味しくってたまりません。

すると、
ショーコさんが、
沢山のおにぎりを握ってきてくれました。

スパムむすびです!!

片手にスパム。
片手にトン汁

最高です!!

あんなに多くのスパムむすびを握ってきてくれて、
大感謝です。

握るにも大変だし、それを、リュックにしょって、
ゴミを拾ってくださったのです。

ショーコさん、本当にいつもありがとうございます。




トン汁の薬味に
ゆずコショウや、七味、を入れて食べたりしました。

ゆずコショウを入れると、また違った味になり、
美味しかったです。










nanaちゃんのトン汁、あっという間になくなりました。
おかわりをしてくれました。

さえっぺサンのお子様達は、MY 箸を持参していました。

100円SHOPで購入した、
器と箸も活躍しました。





最後にショーコさんの旦那様が、
ホラ貝?のラッパを海にむかってふいてくれました。

「ぼーーー!ボッーーーーー!」と、
海の遠くに響く音色が、
なにか、「これからも、海さくらをよろしく頼むよ」っと
ショーコさんの旦那さんが海に話かけているかのような音色に聞こえました。

自意識過剰かもしれませんが、
とても、なんだか、感動していました。

海にむかって、トン汁を召し上げっている、
ショーコさんの旦那さん




今、仕事、海さくらのチャレンジ、
毎日が激しいです。

けど、皆さんに会い、
また元気をもらい。

もっと、もっとがんばらないと!!っと思いました。

月に1回のごみ拾いで、
皆さんに会える事が、楽しみです。

死ぬまで継続すると覚悟をきめ、
死んでからも続いていくような、
活動にしていくぞ!!っと改めて
思いました。

本当に、皆様のご協力で、
確実に綺麗になっています!!

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

次回の
第18回 海さくらごみ拾いは

2月23日(土)
14時〜15時30分です。

橋の下を徹底的にやります。
また、終わった後に何か考えています。

ぜひ、遊びにきてください。
お待ちしております。


若さん、拾ってくださったお財布は、
あのあと、交番に届けました。
さっそく、持ち主が発見されました。
ありがとうございます。
ご報告まで。

















| - | 12:55 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










主催/運営 古沢工業株式会社 COPYRIGHT(C) UMISAKURA ALL RIGHT RESERVED