CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
 ARCHIVES
<< 無くしたカメラが発見されました!! | main | 海さくらコンサートもうすぐ!! >>
海さくらの1本道 完成!!嬉しい!!
ついに、昨日より

海さくらSHOPにて、

http://www.upsold.com/umisakura/index_00.html


海さくらテーマSONG「海さくらの1本道」
カップリング曲の「波のスクリーン」

発売されました!!

作詞・作曲をしてくださった、そして、心を込めてつくってくださった
日比康造さんありがとうございました。

ジャケットの絵をかなり魂を入れて描いてくれた、
スーパー画家でもあり、スーパー人間の田上さん
ありがとうございました。

また色々な方の、お力を借りて、
なんとか、8月1日より発売できました。

ありがとうございます。

これがジャケットです。

まさに江の島!!

見れば見るほど江の島です。



【そんな完成曲を聞きながら・・・・】

先ほど、ワイヤーロープを納品に行ってきました。

ワイヤーロープは、とても重く、車に積むのに、
汗が流れまくる。

汗をかいたまま、車に乗り込む。

クラーをかけても、なかなか涼しくならない。

車を走らせ10分後

車内は涼しくなり、快適になり、
天気もいいし、

「そうだ!海さくらの1本道」を聞こう!!

ノリノリーーー!

「おーおーおー海さくらの1本道」

ノリノリーー!

「おーおーおー海さくらの1本道」

「想いは〜さらに!上をいくーーーー!!」

絶好調にノリノリーーーー!

そして、信号が赤になり、
車を止めた。

大絶叫しながら、車を運転していたため、
回りの車が気になった・・・

右の車は、トラックで、私の絶叫シーンは見られていない、
左には車がいなかった。

そして、バックミラーをみた。

すると白バイがいた。

そして、音量を下げると
サイレンがなっていて、
「左に寄せなさいーーー!」

「えっ!」音量上げて、歌っていたから?

音痴だったから?

不思議な気持で下りたら、

「スピード違反!」だって・・・

「そんな出してませんよ!」

「出てました!」

結果、20キロオーバーでした。

減点 15,000円

今の僕には厳しい結果。

皆さん、ノリノリでもスピードは出さないように!!してください。

初めてのスピード違反。

50キロ規制を70キロで走っていたそうです。

スピードもあがれば、体重も上がる。

すべて、下げていきたいと決めました。

あーーーショック。


「海さくらの一本道」

作詞・作曲 日比康造


波打ち際に立ってみる 
それは海のはじっこ
彼方にサンフランシスコの漁師が見える
サンパウロで真っ黒に日焼けした子供が騒いでいる

この世界のどこにいたって 
今僕らをつないでいるのは
波音だけ

光のつぶつぶ散らばって 
まるで波間に舞うさくらに見えた
何がどうしたって守りたいこの島のタカラモノ
誰がなに言ったって譲れないものがココにあるんだよ

この世界のどこにいたって 
今僕らをつないでいるのは 

海さくらの一本道
海さくらの一本道 

流れていく白い雲 トビが大きな輪を描いた
(LOVE ENOSHIMA・・・)

流れていく白い雲 想いはさらに上を行く


光のつぶつぶ散らばって 
まるで波間に舞うさくらに見えた
足下から水平線までまっすぐに伸びる道
走り抜けて今すぐ愛するあなたを迎えに行くよ


この世界のどこにいたって 
今僕らをつないでいるのは

この世界のどこにいたって 
夢の明日へ歩いてゆくのさ  

海さくらの一本道




Music and lyrics: Kozo Hibi
Lead and Background Vocals, Acoustic Guitar: Kozo Hibi
Electric Guitar: Yuji Kato
Bass: Tetsuo Nakamura
Drums: Dorakubo
Engineered and Mixed by Seiji Ueki




「波のスクリーン」

作詞・美 三咲 / 日比 康造
作曲・日比 康造



何かあると海に行く 
一人思い考えながら
車の中、好きな歌に 
いつも励まされながら

夢を描き航海に出る 
トビが高く舞い上がる
目指す場所まで一直線だ 
空に向かうあのマストのように

強い風が 吹き付けるのは
高い波を しぶきのスクリーンに変えて
虹を映すため  


僕は何かあると海に行く 
一人思い考えながら
誰に何を言われても 
好きなモノを好きと言いたくて


ずっとただ眺めていた 
江の島に沈む夕日を  
赤く燃える海さくら 
心まで赤く染めてゆく


二度と戻らないこのひととき
あなたの側で過ごせる奇跡を想う ただ波の音

強い風が 吹き付けるのは
高い波を しぶきのスクリーンに変えて
虹を映すため

僕は何かあると海に行く 
一人思い考えながら
誰に何を言われても 好きなモノを好きと言いたくて
好きな人に好きと言いたくて


Music by Kozo Hibi,
Lyrics by Churasansaku, Kozo Hibi
Lead and Background Vocals, Acoustic Guitar, Piano, Conga: Kozo Hibi
Engineered and Mixed by Seiji Ueki





| - | 15:00 | comments(4) | - |
コメント

海さくらの一本道、さっそく買おうと思ったけど、なかなかに手続きが面倒ですね(ちょっとくじけ気味)。

直販はしてないのでしょうか。。。

| 海さくらの一本道ファン | 2007/08/02 9:54 PM |
海さくらの一本道ファンさん

ありがとうございます。
また購入の手続きが難しくってすいません。

直販は、あります。

月に1回の、海さくらごみ拾いの時に持っていきます。
その時か、

海さくらコンサートでも販売いたします。

是非、聞いてください。

コメントありがとうございます。
| 古澤 純一郎 | 2007/08/03 1:12 AM |
おめでとうございます!
必ず買います、聞きます、広めます!
ジャケット、好みです(*^_^*)
| アンティショーコ | 2007/08/06 8:15 PM |
アンティショーコさん

ありがとうございます。
ジャケット好みですか?(笑)

私は、とても気にいっているのです。

それは、江の島に
高知からわざわざ来てくれて、
「民宿 重助」で1泊して、
心をかなりいれて、江の島を見て、江の島と会話し、
制作してくれたからです。

僕にとっては
これぞ江の島って感じです。

是非、聞いてくださいね。
ありがとうございます。
| 古澤純一郎 | 2007/08/08 10:37 AM |
コメントする










主催/運営 古沢工業株式会社 COPYRIGHT(C) UMISAKURA ALL RIGHT RESERVED