CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
 ARCHIVES
<< Puff Soul  やぱっりライブ! | main | 健康一番 >>
日本の四季とごみの状況
最近、冬なのに、寒くない・・・

私が太ってきたのが原因なのか?

半分正解だと思いますが、地球の環境が明らかに
変わってきているのだと、自分の肌で感じます。

冬と夏、江の島に来る人数も含めて、
ごみの量も変化します。ごみの質も変わっていると
肌で感じます。

一番の理想ですが、
多くの人が江の島に訪れるのは、なんだか嬉しい。

江の島も喜んでいるような感じですし、
人が沢山いるとワクワクする。

人が来れば来るだけ綺麗になればいいのになぁ〜。


では、

海岸ごみは、季節によってどのような発生状況になっているのでしょうか。
かながわ海岸美化財団さんの資料より
簡単にお伝えします。資料は平成15年のになります。

【可燃ごみ ごみ量の季節別割合】
総量1194トン

1月〜3月   14.8% 177トン
4月〜6月   22.0% 263トン
7月〜9月   45.4% 542トン
10月〜12月 17.8% 212トン

【不燃ごみ ごみ量の季節別割合】
総量421トン

1月〜3月   20.7% 87トン
4月〜6月   20.9% 88トン
7月〜9月   42.1% 177トン
10月〜12月 16.3% 68トン



【海藻 ごみ量の季節別割合】総量5624トン

1月〜3月   17.0% 958トン
4月〜6月   34.0% 1911トン
7月〜9月   45.3% 2550トン
10月〜12月 3.6%  205トン


かながわ海岸美化財団さんより

3種とも、7〜9月期に処理量が増加しています。
これは、この時期に海水浴客が集中するため、可燃ごみ・不燃ごみの処理量が増加するためです。

また、台風の襲来が多いこともごみ処理量増加の一因となっています。

4〜6月期は、ゴールデンウィーク等の観光客の増加と、梅雨の関係で河川から流出するごみが増えるため、他の時期よりごみ処理量が多いことの原因と思われます。


可燃ごみ・不燃ごみのごみ量の季節別比率は、概ね、春:2割、夏:4割、秋:2割、冬:2割となります。

海藻では、春:3割、夏:4割、秋:1割、冬:2割となります。


このような海岸ごみ量の季節別のデータは、毎年の清掃計画に反映させ、効率的な海岸清掃の実施に活かしております。



海さくらは正式に9月よりごみ拾いを実施しています。
冬が終わると、沢山のごみが出てきそうです。

多くの方がくれば来るだけ、
綺麗になればいいのになぁ〜。

ごみは必ず、海にたどり着きます。
どこでもポイすてはNGですよ。

2月10日(土)のごみ拾い、
皆様のお越しをお待ちしています。

よろしくお願いいたします。


| - | 09:35 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










主催/運営 古沢工業株式会社 COPYRIGHT(C) UMISAKURA ALL RIGHT RESERVED