CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
 ARCHIVES
<< ラブハンドルズ の紹介 | main | 江の島にゴミ箱 >>
文箭知明さん
文箭知明さんの歌・曲は

本当に詩と唄声が、心にストレートに入ってくる。

umisakuraタツノオトシゴLIVEのZEPPの写真です。













今、僕のウォークマンには、

文箭知明さん・ラブハンドルズさん・古謝美佐子さんの曲が、
いっぱい入っています。

曲って、不思議だと思う事がよくあるのです。

今まで、何度も聞いて、何も頭に入ってこなかった詩や歌が、
ある時・瞬間に、ストレートに入ってくることがあります。

そんな原因を探ろうとは、まったく思いませんが、
時の流れと共に、自分の感情や、アンテナも、興味も変化しているのだと
思います。

昨日、僕の大切なザリガニが死んでしまったら、
そのザリガニという言葉や
赤の大きなハサミなどに反応するのでしょう。

曲の1曲、1曲は、
アーティストが気持ちをこめた作品です。

大きな社会・地球の中で、
個人の頭で、現実を見て、その中で、表現していく。

社会人の常識だから、大人だから、親だから。
そんな、誰から言った言葉を信じて発言する人達より
よっぽど、歌には魂や、考えが凝縮しているのではないでしょうか?

その詩の一部、一部は、その時、その時に違う形で入ってくる。

昔に聞いていた曲が、今、違うように聞こえるかも・・・
けど、聞きたいっと思う曲を聞くのみであります。

文くんは、
僕の大切な親友です。

みんなに言いたくなりました。



最近、レコーディングで、ライブはちょっと休憩中ですが、
是非、一度、しっかり、どっぷり、聞いていただきたいです。

明石海峡という曲が、今、なんか、グッと、きています。

「そんなことなど、しったこっちゃない・・・
でも、君のことだけは、全部知っておきたい。
何をしたら、喜ぶとか、全部知っておきたい。」

目の前の愛する人を愛することが、
何かとてもとても、素晴らしいですね。

「愛がすべてさ」

いい言葉だ!!

変化する感情の中で、
江の島を綺麗にしていきたいっという気持ちは、
まったく揺れないのです。

江の島、海、海さくら、大好きです。

なんかみんなにいいたくなりました。


海さくらには、多くの方達が、
関わってくださっています。

汗水たらして、働いたお金を協賛してくださったスポンサー様
汗水たらして、働いたお金で、ゴミ拾いやコンサートに来てくださるお客様
そのコンサートを主旨を理解して、心をこめて、歌ってくださる皆様
大切な時間を海さくらにあててくれる海さくらスタッフ
本当に何百人が、既にこの「海さくら」に力を貸してくださっています。

忘れないように、感謝を持ってすすまないと。

この「海さくら」を立ち上げ、
綺麗にするのと、同時に、
多くの感動を共有できたら、嬉しいです。

大友さんのタツノオトシゴLIVEの熱唱の顔を見ても、
そう思いました。



タツノオトシゴLIVEは、特に反省が多いですが、
来年へむけても、
悪かった点がなおします。

ただ、そこで、熱唱してくださった皆様、
お客様には、心から感謝しております。

ありがとうございました。
| - | 14:42 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










主催/運営 古沢工業株式会社 COPYRIGHT(C) UMISAKURA ALL RIGHT RESERVED